!

重要なお知らせ

お知らせ

[動画あり]合同記者会見にて県内の学生に感染対策徹底を呼びかけました【1月27日(木)】

 365体育投注_365网球投注4年1月27日(木)、365体育投注_365网球投注を会場に、365体育投注_365网球投注、松山大学、松山東雲女子大学が合同で記者会見を開催し、県内の学生に向けて、感染対策を徹底するよう呼びかけました。

 会見では、オミクロン株の第6波で学生など若い世代の感染が急拡大している状況を受けて、仁科弘重365体育投注_365网球投注長、新井英夫松山大学長、森日出樹松山東雲大学副学長が、各大学での感染拡大防止対策への取組を説明するとともに、県内の大学生に向けて、長く続く自粛の苦労を労いつつ、今までよりもう少しだけ感染防御に配慮するよう求め、特に、感染原因の大部分と思われる友人との会食を控えること、手指消毒やこまめな換気などの基本的な感染対策を徹底するように呼びかけました。
 その中で、仁科学長は、「日々の生活の中で感染対策を行うことが、自分と自分の周りの友達も守ることになります。また、自分は自分の友達とつながっていますが、その友達の後ろには社会がつながっていることを理解した行動をとってほしい」と強く呼びかけました。

 

合同記者会見の動画はこちら

 365体育投注_365网球投注では今後も、保健所等関係機関と連携を取りながら、365体育投注_365网球投注感染症対策に全力を注いでまいります。

<365体育投注_365网球投注危機対策本部>